バックナンバー

葬儀の日程は早いうちに決めよう

葬儀の準備はスピード感を持って

  • トップ

意外と大変な葬儀の日程決め

身内から葬儀を出すことになった時は、意外と大変です。通常、亡くなった次の日が通夜、その次の日が告別式という段取りが一般的ですが、そうなると、悲しみの深い亡くなった日に決めなければならないことがとても多いです。葬儀の段取りに当たっては、まず遺体を安置する場所へ移動することから始まります。病院で亡くなった場合は、病院側が業者を紹介してくれることもあります。そこに頼んでも、懇意にしている所に依頼しても構いません。葬儀の日程は、業者と相談の上準備を進めていきます。突然亡くなった場合はしょうがないにしても、できる準備は事前にやっておくのも一つの手です。これを不謹慎だと捉える人もいますが、葬儀を滞りなく執り行い、故人をしめやかに送ってあげるための準備なので、不謹慎ということはありません。日程に関しては、親族も含めて皆が納得いくような形で決めたいです。遠方から参列する人のことも考えて葬儀を段取ることが重要です。お通夜、告別式が終わればそのまま火葬場へ行きます。この後初七日法要を行うのが一般的な日程です。火葬場へ行ってからは少し親族で話し合う時間的余裕がありますので、ここでじっくりと話し合うと良いです。

↑PAGE TOP