バックナンバー

各お葬式の日程と法律各種

火葬の日により決まる葬儀の日程

  • トップ /
  • 火葬の日により決まる葬儀の日程

1日葬など時代で変わる葬儀

葬儀の日程は仏教なら各宗派に限らずほぼ同じ流れで行われ、法律で逝去24時間は火葬してはいけないという決まりがあります。通夜は火葬の1日前、友引は避けるという暗黙のルールもあり逝去したからといって、その夜が通夜になるわけではありません。火葬場に空きがあり最短の日程で葬儀を執り行う場合は、逝去した日に安置と納棺、2日目の18時頃から通夜式、3日目に告別式と火葬、というスケジュールです。弔問客の多い大きな通夜式では、喪主が挨拶の折りに告別式の日程を伝えるので、通夜に来てない人には口コミで伝わります。その後、逝去した日から数えて7日目が初七日、49日目が四十九日、四十九日後に初めて迎えるお盆が初盆、1年目の命日が一周忌、2年目の命日が三回忌、6年目が七回忌という日程です。近年では告別式の日に初七日法要を一緒に済ませる葬儀や、1日葬や告別式を行わず火葬だけを行う直葬も増えています。どのような形の式にするかは、葬儀の口コミなどで予算や日程に合ったプランを探すのがおすすめです。今では終活という言葉もあり、生前から自分の告別式をプランニングする人も増えているので葬儀社の口コミなども簡単に入手可能です。

↑PAGE TOP